【動画】ヴィッセル神戸vs大分トリニータで両チームのゴールキーパーがミスで失点!トラップミスでゴールを奪われてしまう!



ヴィッセル神戸のGKキム・スンギュと大分トリニータのGK高木駿がパスコースを消されてトラップミスをしてしまい相手選手にゴールを奪われる!

2019年6月22日に行われた明治安田生命J1リーグ第16節のヴィッセル神戸vs大分トリニータで、両チームのゴールキーパーが失点に直結するミスでゴールを奪われるシーンが話題となっている。
前半6分に大分トリニータのGK高木駿がパスコースを消されてトラップミス。ウェリントンにゴールを奪われて先制点を許す。

その2分後にはヴィッセル神戸のGKキム・スンギュがバックパスのボールをトラップミスしてしまい同点のゴールを献上した。

両チームの守護神が試合開始直後に重大なミスで相手チームにゴールを奪われている。
スポンサーリンク


ツイッターの反応