【動画】トゥーロン決勝のブラジル戦で小川航基が同点ゴール!マテウスに先制点を決められるもU22日本代表が前半で追いつく!



トゥーロン国際大会の決勝でブラジルと対戦したU22日本代表はマテウスに先制ゴールを決められるも小川航基が同点ゴールを決める!

来年の東京五輪に向けて強化を進めるU-22日本代表は現地時間2019年6月15日、トゥーロン国際大会の決勝ブラジル戦に臨み、前半を1-1の同点で終えた。

日本はグループAの第1戦でU-20イングランド代表に2-1と白星スタートを飾ると、第2戦ではU-22チリ代表に6-1と大勝した。第3戦ではU-19ポルトガル代表に0-1と敗れたが、2勝1敗で得失点差で1位となり準決勝に進出。準決勝メキシコ戦では2-2の打ち合いの末、PK戦を5-4で制して初の決勝進出を決めていた。

ここまで大会全勝のブラジルとの一戦で、日本はアグレッシブな立ち上がりを見せる。前線からの果敢なプレッシングを見せ、前半5分には速攻からFW旗手怜央(順天堂大)がシュートを放ったが、これは枠を外れていった。

時間とともにブラジルに押し込まれる時間が増えていき、日本はゴール前での体を張った守備を強いられる。すると前半19分、ブラジルに先制点を奪われてしまう。スルーパスに抜け出したFWマテウスがGKオビ・パウエルオビンナ(流通経済大)と1対1になり、冷静な左足のシュートによってゴールネットを揺らされた。

その後は1点をリードしたブラジルの巧みな試合運びに対して、後手に回る試合展開に。ボールを奪ってもなかなか中央でボールを運べない時間帯が続いたが、それでも守備の局面では粘りを見せて追加点を許さず試合を進めると、日本に千載一遇の好機が訪れる。

後半39分、ロングボールに反応したFW小川航基(ジュビロ磐田)が抜け出し、ボールの落ち際を狙って左足の豪快なボレーシュート。これがゴールネットに突き刺さり、前半のうちに同点に追いつくことに成功した。ブラジルはこれが大会初失点となっている。

1-1のまま前半を終えた日本は、初優勝を懸けて後半45分に臨む。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190615-00196407-soccermzw-socc

スポンサーリンク


ツイッターの反応