【動画】スコットランド戦で2トップの岩渕真奈と菅澤優衣香がゴールを決める!なでしこジャパンが前半を2点リードで折り返す!



FIFA女子W杯グループリーグ第2戦のスコットランド戦でなでしこジャパンの岩渕真奈と菅澤優衣香がゴールを決めて前半を2点リードで折り返す!

なでしこジャパン(日本女子代表)は現地時間2019年6月14日に、フランス女子ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦のスコットランド戦に臨んだ。そして前半23分、FW岩渕真奈による待望のゴールが生まれると、PKで1点を追加して2-0で前半を折り返した。

日本はスコアレスドローに終わった初戦のアルゼンチン戦から、スタメンを3人変更。センターバックにDF市瀬菜々が入り、左サイドハーフに最年少19歳のMF遠藤純、2トップの一角に3大会連続出場ながら女子W杯で初スタメンとなったFW岩渕真奈が入った。

初戦の反省がある日本は立ち上がりから、積極的に相手ペナルティーエリアの中に侵入していく構えを見せた。岩渕が左サイドの角度のないところからでもシュートを選択するなど、ゴールへの意欲をプレーで示した。

そして迎えた前半23分、左サイドから攻撃を組み立てた日本はゴール正面で相手のマークを外した岩渕にボールが渡った。約20メートルの距離から右足を強振した岩渕のミドルは、相手GKの頭上を鋭く破ってゴールへ。待ち望んだ今大会なでしこ初ゴールが生まれ、1-0とリードを奪った。

さらに日本は同37分、速攻に出るとDF清水梨紗がシンプルに相手の背後に蹴り込むと、抜け出しにかかったFW菅澤優衣香が相手DFに引き倒されてPKを獲得。

これを自らゴール右に蹴り込み、2トップが1点ずつを挙げて前半を2-0とリードしてハーフタイムに突入した。

スコットランドは初戦のイングランドとの“英国対決”に1-2で敗れているだけに、この日本戦が崖っぷちのゲーム。後半、より激しい勢いでの反撃も予想されるなか、なでしこは勝利を手にすることができるだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190614-00196091-soccermzw-socc

スポンサーリンク


ツイッターの反応